カテゴリ:ボーダーコリー( 3 )

Risel=Sonoko Part III

d0081047_10171242.jpg



前回より続く...>

翌日は前日とは打って変わって快晴の一日となった。
札幌市内の友人と昼食をした後、再びイヌ達に会いに友人宅に向かった。

友人宅に到着したときには夕方に近い時間になっていたので、
着いてすぐ彼らと共に散歩に出発した。

この日も相変わらずのかんじき姿だったが、
前日の雨のせいか多少雪の表面も堅くなっていて歩きやすかった。
そうなったらもうイヌ達と遊ぶっきゃない!!

ゴムのフレームで出来たボールを投げると
みんなでボールを追いかける、追いかける...

俊足で最初にボールを獲るけど、
こっちに持ってくる途中に他のイヌに獲られてしまう奴...

獲ったボールを手元に抱えて放さない奴...

他のイヌはとにかくボールを自分のものにしようとするのに
ひたすら真っ直ぐに僕たちのところへ持ってきて
また投げろと要求する奴...

3頭で取り合いながらもこっちに持ってくる奴ら...

そして、ボールには全く興味を示さない奴が若干1頭...

とにかく性格がバラバラなイヌ達...
1頭飼いではわからないイヌ達のそれぞれの個性に
改めて「イヌは面白い」と思った。

みんな違うんだ。
みんな主張してるんだ...


※おまけ
 雪の反射が強くてカメラの露出の調整がつかずに露光量の
 高い(白く飛んだ)写真になってしまいました。その雰囲
 気が「美白の女王」故鈴木その子さんの真っ白な照明をあ
 てたような感じになってしまったので、「Risel=Sonoko」
 と言うタイトルにしました。もしリセルに会う機会があっ
 たら「その子!!」と呼んであげて下さい。(笑)

stylish-dog.com
[PR]
by kumorim | 2007-03-14 19:15 | ボーダーコリー

Risel=Sonoko Part II

d0081047_10133299.jpg



前回より続く...>

北海道の友人を訪ねたその日はあいにくの雨だった。
通常であれば2月に雨なんか降らないらしいのだが、
暖冬の影響で今年は雨がよく降っているらしい...

我々は8頭のイヌ達とともに外へ遊びに行きたかったのだが、
「この雨じゃ、今日は無理かな...」と外出をあきらめていた。

仕方がないので友人とイヌ談義で盛り上がっていたところ、
一瞬外がパッと明るくなったので窓を開けて外を眺めると雨が止んでいた。
我々はその隙を逃さないよう急いで身支度を整え散歩に飛び出した。

一言で「散歩」と言っても生半可なものではない。
普段東京でしている「散歩」をイメージしたら大間違いだ。
1m近くは積もった雪の上を友人やイヌ達と共に歩いていくのだが、
友人やイヌ達はスタスタ歩いていくのに、
我々は一歩進むごとに太ももまですっぽりはまってしまう...

結局友人は我々のためにスノーシューズ(かんじき)を取りに戻った。
訪問前に友人に連絡を取ったとき、「かんじき持ってた方が良い??」
なんて冗談を言っていたのだが、本当にかんじきを履く羽目になった。

何とか散歩??イヤ、我らの雪道トレーニングはスタートした。

そしてやっと心を落ち着かせることが出来て撮り始めたのが、
これらの写真である。

とは言え、スノーシューズは何度も外れるし、垣根をまたぐのは大変だし、
なかなか前に進まない我らを心配してイヌ達が何度も様子を見に来る...
なんだか群れの中の落ちこぼれにでもなったような気分だ。

途中から雨に変わったので早々に散歩を切り上げることになってしまったのだが、
イヌ達は我ら落ちこぼれが気になって、思う存分遊べなかったんじゃないかと
申し訳ない気持ちで一杯になった。 みんな、ありがとう!!

まあ、何はともあれ雪原の林の中で倒木に座って飲んだコーヒーが
何とも言えずおいしかったので良しとしよう...

<またまた続く...>


stylish-dog.com
[PR]
by kumorim | 2007-03-03 10:33 | ボーダーコリー

Risel=Sonoko Part I

d0081047_1521476.jpg



先週末、北海道の友人のところを訪ねた...

1年前にその友人の写真をミクシイで見かけて感銘を受け、
それをきっかけに夫婦共々親しくなり、
様々なやり取りをする中で今回が2回目の対面となった。

1回目は東京で会ったのだが、
友人は車で9頭のボーダーコリーを遠路遙々連れて来ていた。

ほんの数時間であったが、その行動力とエネルギーにパワーをもらい、
尽きないイヌの話に引き込まれた。


今回の北海道訪問では
友人とイヌ達の凄まじい共同生活ぶりに圧倒され、
再び尽きないイヌの話に、時間を忘れて語り合った...

何より、元気をもらったのはそのイヌ達からだ。
個性溢れる面々のそれぞれの存在感は
多頭飼いの醍醐味を教えてくれ、
そしてイヌへの愛情を再認識させてくれた。

彼らと一緒に遊んで、実家に預けてきた愛犬に無性に会いたくなり、
急いで東京に戻った...

次回へ続く...>


変なタイトルの意味は次回かその次で!!(笑)


stylish-dog.com
[PR]
by kumorim | 2007-02-28 19:45 | ボーダーコリー